薬を飲み始めたのに発作が起こる?!

痛風の投薬治療には特徴がある

普通、発作などを防ぐために薬を飲む場合、服薬を続けていけば発作はほぼ確実に抑えることができます。しかし、痛風の場合には、必ずしもそうとは限りません。

薬を飲むことで、かえって発作が誘発されてしまうような事態もあるのです。これはどういうことなのでしょうか?

痛風の激痛の正体は、老廃物である尿酸が結晶化したものです。これが関節の中に入り込んで、炎症を起こすと激痛になるのです。薬を飲むと、体内の尿酸値が急激に下がり、部位ごとに濃度の差ができてしまいます。これによって、固まった尿酸が零れ落ちやすくなってしまうというわけです。

スポンサーリンク

薬を飲む意味はあるの?

飲んだことで発作が引き起こされる、このようなことを聞くと、実にバカらしいと思ってしまうかもしれません。そのため、服薬を避けたいと思うこともあるでしょう。

しかし、飲まないでそのまま生活を続けておくと、確実に激痛を伴う発作が発症してしまうでしょう。これに対して、薬によって引き起こされる発作は、自然発生したものと比べると比較的軽いものです。

医師のサイドもこのような事態が起こることは知っていますので、できるだけ予防できるように薬の量を減らしながら調整していきます。これによって、発作の発生をできるだけ抑えることができるのです。発作を事前に予防するための、コルヒチンという特効薬を用いることもあります。

医師を信用して、服薬治療を続けていくことが大切です。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿