服薬の際には医師の指導を守って!

薬の怖さを知ろう

薬は強い作用が認められれば認められるほど、思わぬ効果(副作用)も強くなっていってしまいます。使い方次第では、薬も毒になってしまう。このことを忘れないようにしましょう。

毒となってしまわないためには、医師の指導のもと、用法用量を守っていくことが非常に重要です。飲み合わせ次第では、作用を打ち消しあったり、危機的な副作用が起きてしまったりすることもあります。薬剤師・医師にきちんと飲んでいる薬を伝えることも大切でしょう。

高尿酸血症の薬を飲む際には

スポンサーリンク

尿酸値を下げる薬は、効果が高いのが特徴です。しっかり飲めば、数値は劇的に下がっていきます。しかし、その効果の高さこそが問題となってしまいます。

もう治った、と勘違いしてしまい、自己判断で飲むのをやめてしまう方が多いのだそうです。薬を自己判断でやめてしまいますと、思いもよらない事態になってしまうことがあります。高尿酸の場合には、急に尿酸値が下がってしまうことになってしまうこともあります。

風邪薬などを合わせて服用する際にも、注意が必要です。尿酸値を上げてしまう副作用を持っているものもあるからです。市販のものでも、このような作用を持っているものもあるので、随時医師や薬剤師に相談をするようにしましょう。

以上のような点に気をつけながら、薬を飲んでいくようにしましょう。飲み方次第では、逆効果になってしまったり、危険な状態になってしまったりすることを十分意識しましょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿