医薬品以外を過信してはいけない

健康ブームが来ているが・・・

近年、健康に対する関心が急増していると言われています。このような状況にこたえるべく、様々なサプリメントや健康食品などが販売されるようになっています。

しかし、あくまでも医薬品ではないということに注意をするようにしましょう。

医薬品とは、様々な研究を繰り返し一定の成果・データがあって初めて認可されるものです。厚労省から医薬品と名乗ることを許可されますと、効果や効能、効く症状などを製品に書くことができるようになります。

薬事法という法律があります。これは、医薬品以外のものに、効能などを記載することを禁止しています。つまり、健康食品などは、効能を表記してはいけないのです。

スポンサーリンク

特保という商品は、健康食品と医薬品の中間に位置するようなイメージです(健康商品寄りですが)。これが認められると、どのような人にピッタリなのかを表記できるようになります。しかし、こちらもあくまでも治療に用いるものではないので注意が必要です。

健康食品には要注意

上記の説明で明らかですが、医薬品でない商品は治療に用いることができません。尿酸値が下がると謳っている健康食品は、その時点で薬事法違反の状態です。

一切根拠のないものですし、違法状態。このようなものを信用しないようにしましょう。

サプリメントについても、頼りすぎてしまうと食生活が乱れて逆効果になってしまうということを知っておきましょう。薬以外は信用してはならないということです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿