痛風を検査するための方法

痛みが生じた場合には

足の指などに激しい痛みが生じた場合、病院に行くことになるでしょう。中には我慢強い方もいるようで、病院に行かずに済ませる方もいるようです。しかし、症状を悪化させるだけですので、必ず行って診察してもらうようにしましょう。

ところで、足の指関節が痛んだ場合には、通常痛風であると疑うことでしょう。しかし、よく似た病気もいくつかあります。仮性痛風やリウマチ、外反母趾なども症状が似ていることで知られているからです。

このようなものと区別するために、まずは問診が行われます。医師が質問によって、状況を把握しようとするのです。ここでウソをついても診断を歪めるだけですので、正確に答えるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

どんな検査があるの?

痛風が疑われる場合、血液を採取したり尿の排泄量を確認したりして確認することがあります。これだけでは、痛風だと確定できないことがありますのでさらに詳しい検査をしていきます。

まず、高尿酸血症でないかどうかを調査する場合には、尿酸クリアランス検査という検査を行います。1時間でどれだけの尿酸が尿の中に排泄されたのか、ということを調べます。

痛風でないかどうかについては、関節から組織を採取して内容物を調査するという方法をとります。

この他、合併症が発生していないかどうかを調べる調査をすることもあります。尿酸値が高い場合、他の生活習慣病を患っていることもありますので、注意をするようにしましょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿