高尿酸血症から痛風までの段階

症状の進行には段階がある

尿酸値が平均より高い状態となってしまいますと、高尿酸血症と診断されます。その後、放置をしておきますと、だんだん体内の過剰な尿酸が結晶化して、関節などに蓄積され炎症を起こします。これが痛風です。最初はときどき発作が起きるだけですが、やがて痛みが慢性化してしまいます。

以上のように、尿酸値にかかわる症状は段階的に進行していきます。医学的には、これを3つの段階に区切っています。

1.自覚症状がない時期
これはを、「無症候性高尿酸血症期」と呼びます。尿酸値は7.0mg/dl以上になってしまいますと、異常だと判断され「高尿酸血症」と診断が下ります。

しかし、この状態になっても、いきなり痛みが生じるわけではありません。最初のうちは、何の自覚症状も起きないのです。健康診断で初めて気づく人も珍しくはありません。

スポンサーリンク

2.発作を繰り返す時期
高尿酸値の状態が続きますと、やがて体内に尿酸の結晶が溜まってきます。一定のラインを超えると、突然激しい痛みが生じます。この痛みは、1週間程度でおさまりますが、そのまま治療しないでおくと、発作が何度も起きます。

このような時期を「間欠性痛風発作期」と呼びます。

3.常に痛みがある時期
発作を何度も経験したのも関わらず、適切な治療を受けない場合、痛風が慢性化してしまいます。「慢性結節性痛風期」と呼ばれる最終段階です。ここまで来ると、体内には痛風結節とよばれるこぶができて、その他の合併症も進行しだしている可能性が高くなります。

早い段階から健康診断で異常を察知して、適切な治療を行っていくことが大切なのです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿