その症状、本当に痛風ですか?

痛風に似ている病気がある

足の関節などに、体験したことのないような激痛が・・・このような場合、多くの方が痛風ではないか、と疑うようです。しかし、実際に検査をしてみると、他の病気であったというようなケースもあります。

医師でも判断に困るような場合もありますので、自己判断をせずに必ず病院で診察を受けるようにしましょう。

ここでは、参考のために、痛風に似ている病気・症状を紹介していきましょう。

1.リウマチ
最も勘違いされやすいのが、関節リウマチです。これは、関節に痛みが生じるものです。ただ、痛風とは痛みの態様が異なっています。

スポンサーリンク

痛風は、突如激痛が走り、1週間ほどでまったく痛くなくなります。これに対して、リウマチは、段々と痛みが強くなっていき、1週間以上の長期にわたって痛みが継続します。

痛風は、男性の病気と言われるほど男性患者だらけ(9割が男性)ですが、リウマチは女性患者の方が多いとも言われています。女性の場合には、まずリウマチを疑った方がいいかもしれません。

2.関節痛
老化などが原因で、関節に痛みが出ることがあります。足の親指に無理な負荷がかかることによって起きる外反母趾の痛みなども、関節痛の一種と言うことができるでしょう。

原因・メカニズムが痛風とは全く異なっているので、検査をすればすぐに判別することができると言われています。

3.仮性痛風
尿酸ではなく、カルシウムが結晶化することによって痛みが生じる病気です。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿