「確実な」ダイエットにはご用心を

コツコツ痩せていこう

尿酸値が気になる方は、じっくりと体重を減らしていくようにしましょう。あまりに激しい運動をしてしまったり、急激に体重を落としてしまったりすると、尿酸値が上昇してしまう可能性があると指摘されているからです。

健康科学の観点から見ましても、激しいダイエットをした後にはリバウンドが起きやすいことが分かっています。

世の中には、確実なダイエット方法は存在していません。医学的・科学的に明らかです。上手い言葉には騙されないようにしていかねばならないのです。

誤ったダイエット方法は危険

巷には減量に関する誤った知識が氾濫しています。ここでは、よく勘違いされているものを紹介していきましょう。

スポンサーリンク

・食事回数を減らした方がいい
この方法は、逆効果です。相撲取りは1日に2回しか食事をしないと言われています。こちらの方が効率よく「太る」ことができるからです。回数を減らすと、脂肪を吸収しやすいカラダになってしまう可能性があるわけです。

・絶食で迅速にダイエット
生命活動を維持していくためには、一定のカロリーが必要です。これを下回ってしまいますと、骨や筋肉が不自然に減少していって、不健康になってしまう可能性があります。

そもそも、脂肪を1kg減らすためには、かなりの量の運動をこなさなければなりません。一週間で数キロ痩せるというのは、原理的に不可能と言われているのです。実際に減っている場合には、「宿便」が出ただけ、というようなケースがほとんどです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿