減量しても尿酸値が下がらないことがある

肥満以外にも高尿酸血症の原因が・・・

「体重が減ったのに尿酸値がまったく下がらない・・・」という場合も少なくはないようです。どうしてこのような状態になってしまうのでしょうか。

まず、隠れ肥満となっているケースが考えられます。見かけは痩せているのに、おなかの中を見てみると内臓脂肪がたっぷりと・・・このような事態が増えているそうです。肥満ではないかどうかの診断は、検査をしてみないと判断できないのです。まずは、医師に相談、検査をしてもらうようにしましょう。

次に考えられるのが、他の原因がある場合です。腎機能障害を持っている方の場合には、体重と関係なく尿酸が溜まってしまいやすくなってしまいます。他の疾病を持っている場合にも、このような事態が起きる可能性があります。

スポンサーリンク

痩せようと努力したのが逆効果になることも・・・

上記のようなケースのほかにも、無理なダイエットなどが原因となる場合もあります。

尿酸は、筋肉運動をした結果として生み出される老廃物です。激しい筋肉トレーニングなどを日常的に行っていますと、尿酸値はどうしても高くなってしまいます。

プリン体を多く含む食品を多めに摂取している場合にも、尿酸の生産が過剰となってしまうことがあります。

このように、良かれと思って取った行動が、逆効果につながってしまうこともあるのです。尿酸値を下げたい場合には、医師の指導の元、適切な生活習慣を送っていくことが非常に大切です。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿