こんな食生活はよくありません!~尿酸値を改善したい方へ

食事を馬鹿にしてはいけない

たかが食事、されど食事。毎日3回摂取するものですから、健康状態と食事には密接な関係があります。特に、生活習慣病は食生活の大きな影響を受けることが分かっています。

高尿酸血症も、食事の影響を受ける生活習慣病の一種。ほんの少し改善するだけで、数値が劇的に下がったという方も珍しくはありません。

以下では、「避けた方がいい」食事の仕方を紹介していきます。これを避けるだけで、適切な食生活を送ることができるはずです。

・プリン体の多いものを好んで摂取
プリン体は尿酸の原料となることが知られています。うまみの元ともなる物質ですが、過剰に取ってしまうと尿酸過多となってしまいます。

偏りのない食生活を送るようにすると、自然とプリン体の量も減ることになります。

スポンサーリンク

・食べ過ぎ
過食は、肥満に繋がります。肥満は、尿酸値を上げる危険因子となってしまうので、避けた方がいいでしょう。

なお、早食いなども尿酸値を上げる原因となってしまいます。満腹感を得辛くなるため、自然と食べ過ぎてしまうのも問題です。

・野菜の少ないメニュー
野菜嫌いでお肉が大好きという方は、高尿酸血症となりやすいと言われています。

多くの野菜は、アクによって尿をアルカリ性に変化させます。これにより、結石ができづらくなるというメリットがあります。肥満を防ぎ栄誉バランスの取れた生活をおくるためには、野菜は不可欠のアイテムということができるでしょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿