肝機能改善に魚食のススメ

魚は脂肪肝対策に良い

かつて日本食では、肉よりも魚の方を好んで用いていました。しかし、最近では食生活が洋風化してきて、あまり口にしないようになってきています。このような変化によって、脂肪肝患者が増えてきているという指摘があります。肉は脂質をたくさん含んでいますし、カロリーも高い…ですから、肥満体型になりやすいのです。

これに対して、魚は同じ植物性タンパク食品であっても、あまり肥満の原因とはなりません。魚にも脂質が含まれているのですが、肉とは異なり良質の不飽和脂肪酸(必須脂肪酸:体内で合成できない良い脂質)を含んでいるのです。

スポンサーリンク

具体的には、DHAやEPAなどです。これらの不飽和脂肪酸は、中性脂肪・コレステロールの数値を下げてくれます。まさに脂肪肝改善のためには、ぴったりの食品ということができるわけです。

魚を食べるために

魚を料理するのは簡単ではありません。内臓の処理・鱗落としなどいろいろと面倒ですし、塩焼きにすると部屋がくさくなってしまいます。このような理由で、魚を敬遠している方は多いのではないでしょうか。

脂肪肝改善のために魚を食べるのであれば、無理して自分で調理する必要はありません。魚屋で処理をしてもらったやつを購入してきてもいいでしょうし、和食屋で食べてもいいでしょう。できるだけ手間を少なくしていくのが、健康的な食生活・ダイエットの第一歩です。面倒なことを無理してやろうとすると、長続きしません。手を抜ける部分は抜いてしまう、という発想が非常に大切です。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿