「不妊」は治療すべき病気である

まず、はっきりさせておきたいことは「不妊は病気である」ということです。

もちろんそれは、本人の生死にかかわるような病ではありません。しかし、思い描いていた人生を送れないということを考えると、人によってはかなりショックを受ける病です。

しかし、昨今では不妊治療の研究も進んでいるため、治療によって子供を持てる可能性もありますので、望みを捨てず治療にチャレンジしてみるのをおすすめします。

前項でもお話ししましたが、子供ができるというのは「奇跡」です。そのうえ年齢の問題などが関わってくると、もっとハードルが高くなります。

女性は自分が胎児の頃から卵子も形成されています。つまり生まれたときから卵子をもっていて、その数は歳をとるごとに少なくなり、30歳よりも35歳、35歳より40歳と年齢を重ねることに卵子の質も低下していきます。質の良い卵子の方が妊娠しやすいので、歳をとると妊娠しにくくなるというのはこういうことなのです。

結婚年齢が上がると、不妊で悩む人の数も増えます。しかし世間では「結婚の次は子育て」という概念がまだ根強くありますので、親戚などから「子供はまだ?」と聞かれて辛い思いをしている人もいるのではないでしょうか。また、出産するのは女性なので、「子供ができないのは女性のせいだ」という思い込みをしている人も多いですね。しかし、いろいろな検査をした結果、原因が男性にあることも少なくありません

不妊の原因をきちんと調べ、正しい治療をすれば子供を授かったかもしれないのに、不妊クリニックに行く勇気がなくてずるずると年月が経ち、打つ手がなくなってしまうということも考えられるのです。

 

カテゴリー

最近の投稿