体外受精と顕微授精の違い

前項では人工授精についてご説明しましたが、この人工授精でも妊娠しなかった場合はどのような治療になるのでしょうか。

次に行われるのは体外受精と顕微授精です。これらは補助生殖医療と呼ばれているものです。この技術により、世界で400万人もの赤ちゃんが誕生しており、国内でも年間約2万以上の新しい命が誕生しています。累計で数えると約20万人にもなるいうのですから、すごい技術です。ちなみに、体外受精の「受」には手へんがなく、顕微授精の「授」には手へんがついていますね。これは、体外受精は人の手を介さないことを表しているのです。

まず、体外受精の方法ですが、女性の排卵誘発からスタートします。排卵誘発剤を使ってなるべく質の良い卵子を育てます。これは1回の治療あたりの妊娠率を高めるためです。排卵誘発方法にはいくつかあり、患者さんにもっとも適した方法が選ばれます。そして採卵といって、卵巣から卵子をいったん取り出すことをします。採卵した卵子を培養液の入った器に入れ、培養器の中で保管されます。同時に男性の精液を採取、遠心分離にかけ活発な精子を回収します。こうして集められた精子を、卵子を入れたシャーレに加えるのです。

顕微授精は、精子の状態があまり良くなく、受精能力が低いと思われるときに行われます。これは、極細のガラス針で精子を1個だけ吸い込み、針を卵子に刺し入れ、卵子の細胞質の中に精子を直接注入します。

無事受精ができたら、卵を培養器の中で培養させて、移植カテーテルを使って再び子宮内に移植を行うのです。精子の数が少ない男性でも、この方法なら1匹いれば妊娠のチャンスが上がります。

これらの補助生殖医療がなかったころは、無精子症や乏精子症の治療法はなく、子供をあきらめなければならない夫婦がたくさんいました。医療の発展で、不妊に悩む夫婦が救われることとなったわけですね。

 

カテゴリー

最近の投稿