女性と男性で異なる不妊治療への意識の違い

生殖医療の分野は日々進歩をしていて、適切な治療を行えば不妊で悩む夫婦も子供を授かることができるようになってきました。

しかし問題なのは、男性側の意識がその進歩になかなか追いつかないことです。

クリニックに来院する女性はみなさん、積極的に不妊治療に取り組みます。しかし男性は診察や精液検査を恥ずかしいと感じ、来院することに対して尻込みしてしまうようです。男性のプライドの高さがうかがえる話ですね。

女性の不妊検査の結果、何の問題もなかった場合、そこで男性はやっと精液検査に協力します。それも、精液を容器にとって女性に提出させるというやり方でです。男性が来院せず検査がじゅうぶんにできないため、婦人科ではその精子の状態のみで判断をしなければなりませんから、本来なら行わなくても良いかもしれない体外受精や顕微授精をすることを決定せざるを得ません。そうすると、女性には痛みが伴う治療となりますし、経済的負担も大きくなるのです。

また、男性の精液検査の結果が悪かったときに、そのことを伝えられない女性も多いようです。「プライドが傷つけられて、もう子供なんていらないとか言われないだろうか」などと心配になってしまうのです。

一般的に男性は、自分が原因で子供ができないとは考えもしません。避妊をしなければ自然とできるものだと思っています。「誰でもできるものだから、自分にもできる」と疑いもせずに信じているわけですね。その油断が受診の遅れにつながり、結局子供を持つことができなかった、ということになりかねません。

そうならないように、夫婦そろっての早めの受診が必要なのです。

 

カテゴリー

最近の投稿