不妊かも?と思ったら精液検査を

男性の精子がどのような状態かというのは、妊娠を望む夫婦にとって非常に重要なことです。

男性の精液を検査することは、不妊検査の中でも最も大切なのです。精液検査は、精液の中に含まれる精子の性状を調べるための検査です。女性の卵子と違い、精子は基本的に体外に放出することができますので、検査もかなり簡単で、肉体的苦痛もありません。

ごく普通の精液検査では、「精液量」「精子濃度」「精子奇形率」「白血球数」を調べることになります。これらの正常値ですが、精液量→1.5ml以上、精子濃度→精液1ml中に1500万個以上、精子運動率→40%以上、正常形態精子→4%以上、総精子数→3900万個以上、白血球数→1ml中に100万個未満、と設定されています。

検査の時期によっても左右されるのですが、そもそも精液が出ない場合(精液量がほぼ0か、1ml以下の場合)は、膀胱の中に射精してしまう逆行性射精や、射精管が閉塞してしまっている、また精液がつくられない産生障害の疑いがあります。もし逆行性射精の疑いが濃厚な場合は、射精後に尿検査をし、その中に精子がいるかどうかを調べます。

精子濃度が薄い(1500万/ml以下)の場合は「乏精子症」と診断されます。そのうち500万/mlを下回る場合は「高度乏精子症」となり、精液内にまったく精子が認められない場合は「無精子症」という診断になります。

精子の運動量が少ない場合、精子運動率が40%以下の場合は「精子無力症」となり、運動している精子が全く見受けられない場合は「精子死滅症」となります。ごくわずかですが、精子尾部の構造に異常がある場合もあります。また、動いていない精子でも受精できる確率がゼロというわけではありません。「精子が動いていない=死んでいる」ということではないのです。

奇形精子の数が70%以上だと「奇形精子症」となります。奇形という言葉はありますが、あくまで精子に対して奇形と判断されるということで、奇形児が生まれるというわけではありません。どういうものかというと、精子の頭部が2つあったり、円形の巨大精子頭部を持っていたりします。この場合、受精率はかなり低くなってしまいます。

白血球が100万/ml以上の場合は「膿精液症」といいます。白血球が増えると、精子の運動性が低くなります。同時に精子無力症となっている場合も多いですね。原因のほとんどは副性器の精嚢や前立腺の炎症によるものであり、知らないうちに精路感染を起こしていることもあるようです。不妊で悩む男性の中には、この膿精液症を患っている方がかなり多いようですね。過去に性病に罹ったことのある方は、特に注意が必要です。

 

カテゴリー

最近の投稿