不妊の原因?精索静脈瘤とは

精索静脈瘤があるかを確かめる場合、腹圧がかかるよう立ち上がって陰嚢を触診します。精巣の静脈がふくれて太くなっていたらその疑いが濃厚ですので、さらに超音波検査を行います。陰嚢を超音波で調べ、静脈への血液が逆流していたり、静脈が拡張していないかどうかを調べるのです。

静脈瘤は触診でその程度によりグレード1~3までに分けられます。触診ではわからず、超音波検査で発覚する静脈瘤をサブクリニカル静脈瘤といいますが、これは治療対象にならない場合もあります。

精索静脈瘤といっても、一般の方にはどういうものかわからないかもしれませんね。これは、精巣の静脈に血液が逆流してしまい、普通は細い静脈が血圧により広がってしまい、こぶのようになってしまっている状態のことを指します。陰嚢上部にある蔓状静脈叢がうっ血しているのです。

この病気は、思春期を過ぎた男性によく発生し、一般の男性の中でも10~15%ほどの人に存在します。また、不妊で受信する男性の中には25~40%ほどの方に存在するようです。自覚症状は少なく、まれに陰嚢に違和感があったり、自分でこぶを発見したり、痛みが出たり、陰嚢が大きくなっていることに気づくことにより受診に至る事例もあります。

精索静脈瘤のほとんどは左側にだけ発生するようです。これは、血液が左の精索静脈から左の腎静脈に流れ、右の精索静脈から下の大静脈に流れるという左右の体の違いから起こります。

精索静脈瘤を持っている男性が、なぜ精子形成不全を起こすのかは、はっきりと解明されているわけではありません。一説には、腎・副腎の代謝物が精巣へ逆流しているためではないかとか、血流が滞ることにより精巣内の酸素が少なくなってしまったり、温度が上がってしまうからとか、下垂体から精巣に渡ってホルモン異常が起こっているのではないかなどが原因ではないかといわれています。確かに、精索静脈瘤がある場合は、精巣の温度が上昇します。そのことが精子のDNA合成能力を低下させていたり、精細胞の減数分裂がうまくできなかったりする要因になることはわかっています。

こういう事例が数多くあることから、男性不妊症で悩む方の中には、この静脈瘤を治すことによって子供ができやすくなると考えられています。そのため、精索静脈瘤がある不妊症の男性には手術を行うのが一般的でした。しかし、2003年に発表された論文において、「精索静脈瘤の治療と男性不妊症については関係のないものである」というように結論づけられてしまいました。もしこの研究結果が正しいとするならば、これまで不妊治療で行われた静脈瘤の手術は意味がなかったということになってしまいます。

しかし、実際の現場では手術を行うと明らかに精液検査の結果に差が出ることが多いため、おそらくこの研究の臨床データの中には、グレードの低い、程度の軽い精索静脈瘤の手術についても数に入ってしまっているので、このような結論に至ったのではないかと考えています。

 

カテゴリー

最近の投稿