内分泌異常による不妊について

男性の精巣では精子や男性ホルモンがつくられます。この生理作用は視床下部~下垂体~精巣軸のホルモン調整により起こるものです。そのため、このホルモンの量をはかることで、現時点での精子形成がどのような状態かを調べることができます。

測定するホルモンの種類はFSH(卵胞刺激ホルモン)と、LH(黄体化ホルモン)、テストステロンです。この検査を行うことで、原因が何かを推測します。

下垂体から分泌されるゴナドトロピン(FSH、LH)は、視床下部から分泌される性腺刺激ホルモン放出ホルモンと同じく律動的に分泌されています。一日の中でも数値に変動があり、午前中に多く分泌されるようです。

検査により、FSH、LHの値が低いと診断された場合、内分泌治療を行うことによって造精機能を改善させることが多いため、とても大事な診断となります。その他にも比較的珍しい検査では、FSH、LH、テストステロンが低い値である場合(低ゴナドトロピン性性腺機能低下症)、下垂体、視床下部の機能が正常化を調べるために負荷テストを行うこともあります。これは、あるホルモンを投与し、それに関係するホルモン値が上昇するかを調べるものです。hCGを投与した場合、普通ならテストステロン値が上昇するはずなのですが、この値に変化がない場合、その患者には男性ホルモンを増やすためにhCGを投与しても意味がない、ということになります。

男性不妊症患者の中でよくみられるホルモン異常は、血清FSHの上昇です。これが正常な範囲の場合は、精液中に精子がいることが普通であり、もし無精子症だったときは、精路の通り道に何らかの障害があるからではないかと疑います。ただし、血清FSHが正常範囲内であったとしても、精子の形成に異常がみられる場合もあります。例をいうと、精子が形成される過程において、精母細胞、精子細胞の段階で分化が止まってしまう成熟停止などがそれにあたります。精巣の大きさが普通であり、精管や精巣上体にも閉塞部分がない場合は、この成熟停止の可能性があります。

血清FSHの値が通常よりも低い場合は、視床下部、下垂体系に異常があるかもしれません。低ゴナドトロピン性性腺機能低下症のとき、血清FSH、LH、テストステロンの値も低くなります。ほとんどは子供の頃に、二次性徴が遅れるといった症状が出て治療を受けることが多いのですが、大人になってから勃起不全(ED)や射精障害、不妊の症状が出て発覚するという方もいます。

また二次性徴については他の方と同様に問題なく起こり、大人になってから視床下部、下垂体の機能低下が発生したという方もいます。これを二次性低ゴナドトロピン性性腺機能低下症といいます。この場合、中枢神経系や脳に腫瘍はないか、頭部に外傷を負ったことによる影響ではないかを調べるためにMRI検査を行います。

男性不妊で悩む方は、FSHが高値の方はとても多いのですが、それは精子がつくられないために値が高くなっているのです。「どうすればFSHを低くすることができるのだろう」という疑問もよくききますが、FSHが上昇していることが原因なのではなく、結果的に上昇してしまっているということなので、この値を下げることが改善につながるわけではありません。精子形成がうまくいけばFSH値は自然と下がります。

では、血清テストステロンの値が低い場合は、どのようなことが原因なのでしょうか。考えられるのは、脳の視床下部、下垂体に異常がある場合です。血清LHの値が高く、血清テストステロンの値が低い場合は、染色体検査を行い、異常がないかどうかを確かめます。

内分泌に疾患があり不妊になってしまうという例は、5%以下と非常に珍しいのですが、きちんとした治療を行うことによって、造精機能が改善することが多いので、検査を行うことは非常に重要なのですね。

 

カテゴリー

最近の投稿