体外受精や顕微授精のデメリット

不妊治療において、タイミング法や人工授精を試したあとの最終段階として体外受精、顕微授精を行うこととなります。不妊治療を行う医師の中には、体外受精の有効性について強調して説明する方もいるため、メリットだけではなく、デメリットもきちんと知っておくことが大切です。そのうえで受けるか受けないかの判断をしましょう。

人工授精の方法は、精液を洗浄し、精子を集めてカテーテルで子宮に送り込みます。体外受精の方法は、女性の卵巣から卵をとりだし、その卵に精子をふりかけて行います。顕微授精は、同じく卵を取り出し、その卵に針で1匹の精子を入れるというものです。

体外受精や顕微授精を行うとなると、医療費が高くなります。1回の医療費がおよそ40万~80万円ほどになり、さらに1回で成功するともかぎりません。体外受精や顕微授精の妊娠率はだいたい30%程度、3人行うと1人しか成功しないといわれています。そう考えると、決して成功率が高いとはいえませんよね。さらにほとんどの方は自費での診療となるため、かなりの費用がかかることが予想されます。

実際にどのようなプロセスを踏むのかというと、排卵を誘発し、採卵をし、精子を調整、受精か培養、胚移植となります。

自然の周期で行われる排卵は、左右のどちらか片方から1個のみ出てきます。しかし、採卵した卵子が受精するとはいえないため、卵巣に刺激を加え、なるべく多くの卵子を採取するのです。卵巣を刺激することによって、左右両方の卵巣で多くの卵子が成熟してしまうため、採卵前に排卵する可能性も高いということで、それを防止する薬も投与されます。

両方の卵巣で多くの成熟卵をつくり、排卵させないでおくという普通ではない状態をつくりだすことになりますので、ホルモンのバランスなども崩れますし、体にストレスを与えます。また、卵巣が刺激されているために卵巣過剰刺激症候群の症状が現れる場合もあります。そして、採卵は、膣から卵巣に注射針を刺して卵を採取することになります。

体外受精の手順に関しては、その説明は簡単ですが、さまざまな段階があり、その段階において合併症が起こるかもしれないということを頭に入れておく必要があります。

それでも子供が生まれた喜びは何物にも代え難いと思うでしょうが、簡単に成功するとは考えない方がよいでしょう。しかし、女性は38歳を超えると妊娠率はかなり低くなってきます。そのため、なかなか「のんびりやろう」ともいえないのが実際のところ。これらのリスクを考慮して検討したうえで、それでも行うと決めたなら成功を信じて突き進む勇気も必要です。

 

カテゴリー

最近の投稿