精巣がんは抗がん化学療法の前に精子凍結を

精巣がんは、15~34歳の男性の悪性腫瘍の中では最も多いものです。発生率としては10万人にひとりほどとそれほど多くはありませんが、精巣がんのほとんどは精細管の上皮細胞に発生し、当然、精子形成力は低くなります。「でも、片側だけががんになったとして、もう片側があるから大丈夫なんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、さまざまな要因から精子濃度はかなり薄くなり、無精子症になってしまう方もいるのです。

精巣がんは、腫瘍ができただけでは痛みがありません。そのため発見が遅いのが特徴です。治療は精巣を摘除し、抗がん化学療法を併用することが多いです。病気自体は、抗がん化学療法が効果的な例が多いため、ほぼ根治する可能性が高いのですが、抗がん化学療法の影響でいったんは無精子症となってしまいます。患者が若い世代ということもあり、その後子供を作る予定のある方もいるでしょうから、治療の際には、いかに精子を保存するかが重要になってきます。

抗がん化学療法が終わり、しばらく経つと、造精機能が回復されることが多いのですが、中には治療の影響が大きく、ずっと無精子症のまま、という方もいます。そのようなことが考えられるため、治療の前に精子を採取し、凍結しておくほうがよいでしょう。事前にこのような説明がなかったことで、治療後数年経っても無精子症のままで子供をつくることがかなり難しくなってしまう方もいるのです。凍結した精子は基本的に何年でも使用が可能なので、近々では予定がなくとも保存だけしておくということもできます。

どのようながんであっても、抗がん化学療法を行う際には、その前に精子の凍結をおすすめします。片側の精巣にがんが発生した方は、もう片側もがんに侵されやすいので注意が必要です。また腫瘍がない部分の精細管からTESEによって精子を採取して凍結保存する方法もあります。そして両側の精巣がなくなってしまうと、男性ホルモンがつくられなくなってしまうため、男性ホルモン補充も必要になってくるでしょう。

少し困ってしまうのが、精子がまだ生まれていない小児の場合です。精子がつくられるのは思春期以降ですから、10歳ほどではまだ精子を採取することができません。精巣組織を取り出し、精子の幹細胞を保存しておくということも、あと20年ほどすれば一般的になるかもしれませんが、現時点では体への負担も大きく、現実的ではありません。

 

カテゴリー

最近の投稿