精子にとって理想的な環境とは

無精子症や乏精子症の方にとって、「飲めばたちどころに良くなる」薬があったらいいですよね。乏精子症の場合には精子の濃度や運動率、精子の質自体が一気に改善すれば良いですし、無精子症の場合は、薬を飲むことで精子がつくられたら嬉しいはずです。しかし精子の形成というものはとても複雑で難しく、現時点では「飲むだけで効く」というような特効薬はないとされています。

しかし、生活習慣を改めることによって、精巣をいい状態にすることはできます。そうすると精子形成に向いたよい環境が作られるということになるでしょう。

喫煙されている方なら禁煙をおすすめします。喫煙は私たちの臓器に酸化ストレスを与えることがわかっており、精子は酸化ストレスの影響を強く受けるのです。そして、サウナや長風呂が好きな方は控えましょう。精巣の温度が上がりすぎることで精子形成がしづらくなります。同じような理由で自転車やバイクにもあまり乗らないようにしましょう。

また、健康的な生活を送ることも重要です。あたりまえのことになりますが、毎日、規則正しい生活をして、栄養の偏りがないように食事を見直し、ビタミン類も適量を取ること。また、禁欲期間をあまり長くとらず、精液を溜めすぎないほうが良いでしょう。

精子を増やす、質を良くするためには、日頃の生活から注意をすることです。劇的に効く薬はないため、もどかしさを感じるかもしれませんが、今のところはこういったところからコツコツと行っていくしかないでしょう。

 

カテゴリー

最近の投稿