肝臓はどんな働きをしている?

人体の化学工場群としての肝臓

肝臓は、わたしたちが生きていく上で欠かすことができない様々な化学反応をつかさどっている臓器です。500種類以上の生体活動を担っているため、人体の化学コンビナートと言われることもあります。もしも、肝臓の機能を人工的に処理しようとするのなら、広大な敷地面積と大量の機械が必要になると言われています。それだけ、肝臓は複雑な機能をはたしている重要な器官だ、ということです。

スポンサーリンク

肝臓の主な働き

肝臓の働きは、上記で説明しましたように、非常に多岐にわたります。大きく分けると、以下の3つの働きに要約することができます。

1.解毒作用
アルコールや薬の成分、食物添加剤など、人体に必要のないものや有害成分、老廃物などを排泄する働きを担っています。添加物の多い食べ物を食べすぎたり、薬を常用したりすると、肝臓に余計な負荷がかかってしまうことになります。

2.代謝
たべたものから吸収した各種栄養素を、人体で利用できる形に変える働き、これを「代謝」と呼びます。肝臓は栄養素を使える形に変換して、ため込んでおく働きをします。栄養貯蔵庫のようなイメージです。

3.胆汁を作る
食べ物を消化して分解し、体内に吸収するために役立つ成分、それが胆汁です。肝臓は、胆汁を合成する働きを担っています。

以上の3つの作用は、わたしたちが生きていくためにはすべて欠かすことができない作用です。肝機能に異常が生じれば、体の各所に異常が出ることになるのです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿