B型肝炎について知っておこう~急性と慢性がある

B型肝炎の概要

B型肝炎は、B型肝炎ウィルスによって引き起こされる肝臓病です。感染患者の体液・血液などによって感染することが知られています。B型肝炎患者のほとんどは、2~3歳程度の乳児期に母子感染していると言われています。成人後も性交渉や注射針などによって感染することがありますが、免疫力が強いため、急性肝炎(一時的な発症・感染)にとどまることが多いと言われています。

急性肝炎の症状は、風邪に似た症状や食欲不振程度です。数か月程度でほとんどの場合良くなると言われています。

スポンサーリンク

慢性化することも…

免疫力がほとんどない幼児期に母子感染した人や、抵抗力が落ちているときにウィルス感染した人などは、そのままウィルスを保持し続けることがあります(キャリア)。B型肝炎ウィルスにもいくつかの型(タイプ)があり、慢性肝炎を引き起こしやすいタイプも多いことが分かってきています。

慢性化したB型肝炎は、ほとんど自覚症状がありません。普通よりも疲れやすくなるくらいです。ただ、そのまま何の治療もせずに放っておくと、10%程度の確立で肝硬変になってしまうと言われています。薬などにより、適切な治療をしていく必要が高いということです。

まずは、自分がB型肝炎ウィルスのキャリアではないかどうかを検診で確認することが大切です。もしも感染していても、あまり悲観することはありません。適切な医療を受ければ、十分症状をおさえていくことができます。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿