肝脂肪は生活習慣病の一種!

増加を続ける生活習慣病

成人病と呼ばれていた病気が「生活習慣病」と名前をかえ、かなりの年月が流れています。現代型の生活習慣・食生活などが原因となり、日本人の間には様々な病気が増えてきています。高血圧・糖尿病などについては、もはや国民病とすら言われている状況です。その他、高脂血症、痛風、生活習慣病予備軍と称されるメタボリック症候群など、わたしたちはいくつもの病気対策を迫られています。

生活習慣病になると、血管にダメージが蓄積されどんどん硬くなっていきます(動脈硬化)。動脈硬化は、心臓病、脳卒中など非常に危険な病気を引き起こす原因となってしまいます。

肝臓に脂肪が蓄積されて機能低下してしまう「脂肪肝」も、生活習慣病のひとつです。

スポンサーリンク

脂肪肝の概要

脂肪肝は、中性脂肪が肝臓に貯まってしまう病気です。日本人口の10人に1人、1500万人もの人が脂肪肝状態にあると言われています。

健康診断の血液検査などで、脂質異常を指摘される人も増えてきています。中性脂肪やコレステロールなどが過剰ですと、やがて肝臓に脂肪が蓄積していきます。このような高脂血症の人は、潜在的な脂肪肝患者(予備軍)だということができるでしょう。

脂肪肝と言われてもあまり危機感を感じない人が多いようです。自覚症状があまりないのが原因かもしれません。しかし、そのまま放置しておくと、肝硬変・肝がんにまで進行してしまう可能性もあります。まだ初期のうちからしっかりと治療・対策を講じていくことが非常に大切なわけです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿