本当はこわい脂肪肝

脂肪肝は自覚症状がないけれど…

病院の血液検査などで、脂肪肝だと診断されたとしても、そこまで気にしない人が多いようです。「脂肪肝だからって死ぬわけじゃない」と考えられているようです。

確かに、脂肪肝になったとしても、特に生活に支障が出るわけではありません。肝細胞は常に予備の細胞を備蓄しているので、多少機能が低下したとしてもパフォーマンスを落とすことなく活動し続けることができるのです。

脂肪肝は、特に目立った自覚症状がないのが特徴です。実害もほとんどないですし、医師側もそこまで危機感をもっているわけではない…これまで脂肪肝が放置されてきたのは、ある意味では仕方のないことだと言えるかもしれません。

しかし、脂肪肝を長期間放置していると、やがて肝硬変・肝がんなどに以降してしまう可能性があります。

スポンサーリンク

最近明らかになった機能低下のメカニズム

これまで脂肪肝は、さほど危険なものだと思われてきませんでした。しかし、最近の研究で、脂肪肝が肝炎や肝硬変、ひいては肝臓がんにまで発展してしまうことが明らかとなってきています。

肝臓に脂肪が蓄積すると、肝細胞内部のミトコンドリアという器官が活発になります。脂肪を燃やそうと必死に働いてくれるのですが、その結果、大量の活性酸素が生み出されてしまいます。

活性酸素が発生すると、ミトコンドリアを破壊し、中止脂肪を有害物質に変えていきます。このようにして、肝臓に炎症が起きた状態が、「肝炎」です。

肝炎が長く続くと肝硬変・肝がんなどが発生してしまいます。

たかが脂肪肝と甘く見ていると、痛い目を見てしまうことになりかねません。早めの対策が非常に大切だということです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿