お酒を飲まない人も肝炎になる

肝炎と言えばアルコールだけど…

これまで肝炎・肝臓病というと、肝炎ウィルスの感染やアルコールの飲み過ぎが原因だと思われていました。しかし、最近では、お酒を飲まないのにアルコール性肝炎と非常によく似た症状が発見されています。

この病気は、NASH(ナッシュ)と呼ばれています。

ナッシュは、脂肪肝が原因で、肝炎にまで発展してしまう病気です。アルコールを飲む習慣がなくとも発症する病気ですので、非常に注意しなければなりません。

お酒を飲まないから肝臓はいたわらなくてもよい。このような認識はすでに時代遅れのものとなってしまっているのです。

スポンサーリンク

NASHとは

NASHは、アルコールに起因しない(関係ない)、肝炎(脂肪肝)の総称です。通常の脂肪肝と比べると10倍以上の確立で肝硬変にまで進行してしまう恐ろしい症状です。もちろん、肝がんの発症率も高くなります。

ただの脂肪肝の場合、肝硬変にまで進行する確率はわずか1%程度に過ぎないと言われています。しかし、NASHの場合には10%近く、10人に1人程度が肝硬変を起こしてしまうのです。

NASHは、活性酸素が原因で起きると言われています。まだメカニズムは全容解明されていませんが、生活習慣の乱れ、特に肥満体型と密接な関係があるのではないかと言われています。一応診断基準なども確立されていますので、病院できちんと検査をしてもらえば、通常の脂肪肝との区別はつきます。たかが脂肪肝だ、と思わずに定期的に検診・検査を続けていくことが大切です。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿