お酒に強い人・弱い人の違いとは?

お酒に強いってなんだ?

肝機能障害について知っておく際には、前提知識として「お酒の分解能力」について知っておく必要があります。お酒にあまり強くない人は、他の人よりも肝機能障害を起こしやすいと言われています。

「お酒に強い」という言葉は、「アルコールの分解能力」が高いと一般には思われているようです。しかし、これは厳密ではありません。アルコールの分解自体は、ほとんどの人ができます。特殊な疾患・体質出ない限り、アルコールは誰でも分解できるのです。アルコールの分解能力は、基本的に体重に正比例しています。体重の重い人ほど、はやく分解できるわけです。

スポンサーリンク

アルコールは、分解酵素によってアセトアルデヒドに分解されます。アセトアルデヒドを水と酢酸に分解する能力に、大きな個人差があります。「アセトアルデヒド分解能力」が高い人がお酒に強い人だということです。この物質は、悪酔いの原因物質で、顔を赤くしたり頭痛・吐き気などを引き起こします(思考能力を低下させるのはアルコールの影響です)。

アセトアルデヒド分解能力の見極め方

お酒に強いのか弱いのかは、アルコールを浸したパッチを皮膚にあてることで分別することができます。真っ赤になった場合、一切分解能力を持っていない「まったく飲めないタイプ」です。変色しない場合には、飲めるタイプ。赤くなった場合、飲もうと思えばどうにか飲めるタイプだ、とういことになります。最後の中間タイプが、最も肝機能障害を起こしやすいので注意が必要です。

お酒の分解能力については、病院でも検査してもらうことができます。自分が飲めるのか飲めないのかは、成人したら全員がぜひとも確認するようにしておきたいものです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿