肝硬変・肝がんを予防するための基本

肝硬変や肝がんは防げる

肝ガンは、日本人の癌死亡原因の第三位となっています。肝硬変で苦しんでいる患者さんも全国に多数います。自覚症状があらわれるほどの肝硬変になってしまうと、症状はなかなか改善しないと言われています。大切なのは、症状が悪化してしまう前に予防・対策を講じることです。

肝機能障害・肝臓病は、多くの場合には段階を踏んで進行していきます。脂肪肝(NASH)・肝炎→肝硬変→肝ガンと症状がどんどん悪化していくのです。幸い、肝臓の異常はすぐに血液にあらわれますので、血液検査によって簡単に発見することができます。毎年一回の健康診断を欠かさないようにすれば、ある程度早期発見が可能です。

スポンサーリンク

B型・C型肝炎に要注意

肝硬変・肝がんの多くは、C型肝炎やB型肝炎をトリガーとして発症していると言われています。肝硬変患者の90%以上は、肝炎ウィルスに感染しているキャリアだったというデータもあります。

肝臓病を防ぐためには、肝炎ウィルスに感染してしまわないように注意する必要があるわけです。B型・C型は、血液・体液を媒介として感染していきます。感染者の血液などに触れないようにすることが重要です。

肝機能障害は、生活習慣病の一種でもあります。不健康な食生活、乱れた生活リズム、睡眠不足、運動不足、過剰なストレスなどによって引き起こされてしまうこともあります。糖尿病や高血圧など他の生活習慣病予防の観点からも、正しい生活習慣を心がけるようにしていきましょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿