ウィルスマーカー検査とは

ウイルスマーカーって?

ウィルスマーカーは、何らかのウイルスに感染すると出現する物質のことです。感染の目印(マーカー)となるため、このように呼ばれてます。

わたしたちの体は、何かの異物が入ってくると、それに対抗するための物質を作って防御反応を示します。対抗するための物質を、「抗体」と呼びます。異物のことを「抗原」といいます。

肝炎のウィルスに感染してしまうと、抗体・抗原などが増加してきます。これが、ウィルスマーカーとなってくるわけです。

以下では、我が国で特に感染数が多く、問題となっているB型肝炎とC型肝炎のマーカーについて説明をしていきます。

スポンサーリンク

B型肝炎のマーカー

B型肝炎ウィルスは、HBVと略されます。ウィルスの遺伝子情報は、HBV-DNA。HBc抗原が核となっていて、表面を応用にHBs抗原が存在しています。感染すると、HBs抗原が血中に増えてきますので、これを調べるのが基本となります。

C型肝炎のマーカー

C型肝炎ウィルスは、HCVと略されます。遺伝子情報が、HCV-RNA。核となるのが、HCVコア抗原。表面たんぱくが周りをおおっているという構造になります。

HCV抗体から調べるのが通例ですが、それだけでは現在感染しているのかどうか調べることはできません。過去に感染していただけでも抗体ができているからです。ウィルスが存在しているかどうかは、HCVコア抗原、HCV-RNAなどの検査によって調べることとなります。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿