肝機能の強化に野菜と海藻類のススメ

栄養バランスを高めるためには野菜と海藻を

肝機能を改善していくためには、食事の質を高めていく必要があります。栄養成分表などをみながら食材を選んで、分量をはかりながら料理を作る…そんな面倒なことをしなければならない、と思い込んで食生活を改善する気力を失ってしまっている人は多いのではないでしょうか。

しかし、すぐさま治療が必要なほどの肝機能障害でない限り、そこまで料理にこだわる必要はありません。食品品目を多くしていけば、自然と栄養バランスは整ってきます。

特に大切となるのが野菜と海藻です。ビタミンやミネラルなどを豊富に含んでいるからです。毎食に一品海藻を添えるだけでも、栄養バランスは劇的に良くなります。品目を増やすのも簡単にできるので、積極的に食事に取り入れていくようにしましょう。

スポンサーリンク

野菜と海藻の特徴

・野菜
野菜は、食物繊維やビタミン、ファイトケミカルなどを豊富に含んでいます。食物繊維は、胃腸の調子を整えて免疫バランスを整えてくれます。ファイトケミカルは、活性酸素など肝臓障害の原因になる物質を排除してくれる働きがあります。緑黄色野菜などは、栄養バランスに特に優れていると言われています。色が濃いものを選ぶようにしましょう。

・海藻
コンブやひじき、ワカメなどの海藻類は、ビタミン・ミネラルを豊富に含んでいます。水溶性の食物繊維も含んでいますので、ダイエット効果を期待することもできます。塩分や鉄分(C型肝炎患者)の取り過ぎにならないように調節しながら摂取していくようにしましょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿