「良いタンパク質」を摂取していこう

タンパク質にも「良い」「悪い」がある

食生活で肝機能を改善していくためには、死滅した肝細胞を復活させるために大量のタンパク質が必要となってきます。高タンパク質の食事を心がけていくのが基本となるわけですが、ただタンパク質を摂取すればよいというわけでもありません。

タンパク質を含んだ食品にも、良いものと悪いものとがあるからです。タンパク質の「質」を決めている指標となっているのが、「アミノ酸スコア」と呼ばれているものです。

これは、人体に必要な必須アミノ酸をどれくらい含んでいるのかを示す数値です。完全に含んでいるものを100点満点として、表示します。アミノ酸スコア100を満たしている食品は、大豆・卵・シジミなど、ごくごく一部に過ぎません。

スポンサーリンク

ちなみに、必須アミノ酸とは、人体を構成する材料となるアミノ酸の中でも、人体では合成することができない(体外から摂取するしかない)8つのアミノ酸のことです。バリン・イソロイシン・ロイシン・トリプロファン・スレオニン・メチオニン・フェニルアラニン・リジンの8つです。

質の良いタンパク質摂取のために

まずは、完全タンパク質食品である卵・大豆などを意識的に摂取していくようにしましょう。卵を食べすぎるとコレステロール値が上がる、と言われることもありますが、実際にはそんなことはないようです。1日2個以上の摂取が推奨されています。

それに加え、プロテインスコアが高い食品を適宜組み合わせながら摂取していくようにしましょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿