脂肪肝には大豆食品が効く

大豆は良質タンパク質の宝庫

脂肪肝や肝機能障害を持っている方は、良質のタンパク質(必須アミノ酸をバランスよく配合しているタンパク質)を毎日摂取していく必要があります。死滅した肝細胞を再生させる際に、必須の構成要素(材料)となるからです。

必須アミノ酸をバランス良く含んでいる食品には、乳製品・肉類・魚類・卵などがあります。

植物性食品の中では、大豆が群を抜いています。豆腐や納豆、おからやみそ・醤油など、わたしたちの周りにはたくさんの大豆食品があります。毎日気軽に摂取できるというのも、大きなメリットの一つです。

スポンサーリンク

大豆の栄養価

大豆は良質のたんぱく質を含んでいます。人体の中で合成することができない必須アミノ酸を網羅的に含んでおり、プロテインスコアは満点の100です。かつては100ではないと言われていましたが、近年の研究で誤りが指摘されてにわかに注目を集めています。

この他、大豆の中には必須脂肪酸のリノール酸も含まれています。必須脂肪酸は不和脂肪酸とも呼ばれる物質で、必須アミノ酸と同様、体内で合成することができない必須の栄養成分です。リノールさんは、コレステロールを分解する働きをするので、脂質の中でも「良い」脂質に分類することができます。

さらに、胃腸の働きを改善してくれる食物繊維や、体内の水分バランスを整えるカリウムなど、様々な栄養成分が含まれています。最近はやりの酵素ダイエットでも、大豆を摂取するように推奨されています。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿