炭水化物にも良いものと悪いものがある

三大栄養素にも良いものと悪いものが…

炭水化物・タンパク質・脂質の3つの栄養素は、三大栄養素と呼ばれわたしたちの食生活の中核を担っています。肝機能が気になる方は、これら3つの栄養素をバランスよく適切に摂取していく必要があります。

摂取する際には、できるだけ「良質の」栄養素を取る必要があります。良質のタンパク質は、必須アミノ酸をバランスよく配合していることが条件。良質の脂質は、不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)と呼ばれるもの。そして、良質の炭水化物は、血糖に変化する速度が遅いものであることが条件となります。

ここでは、良質の炭水化物の意味について説明をしていきます。

スポンサーリンク

GI値が低いものを選ぶ

炭水化物は、消化されてブドウ糖に変化し、最終的にはわたしたちの活動をささえるエネルギー源となります。

白砂糖を食べると、急激に血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が上昇して、インスリン(血糖値を下げるホルモン)が大量に分泌されます。これによって、低血糖状態となり、さらに食べ物を欲してしまいます。このような悪循環で肥満になってしまう方が多いと言われています。

白砂糖はすぐに体内に取り込まれ血糖値を上昇させてしまう物質の典型です。炭水化物食品の中でも、吸収速度(血糖上昇スピード)が速いものとそうではないものとがあります。この速さを端的に示しているのがGI値です。GI値が高ければ高いほど、低血糖を招きやすいと言うことです。

ダイエットをする際には、できるだけGI値が低い食品を摂取していくようにしましょう。果物・野菜や穀物などはGI値が低い食品です。この他、サツマイモなども比較的低いと言われています。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿