ビタミンが欠乏する肝機能障害患者

肝機能障害になるとビタミンが不足する

肝機能を回復させていくためには、食生活の中で栄養バランスを整えていく必要があります。炭水化物・タンパク質・脂質などの三大栄養素についても重要ですが、それと同じくらいビタミン・ミネラルなどの栄養素も重要な役割を果たします。

ビタミンは、肝臓の働きをサポートする機能を持っています。健康的なカラダを維持していくためにも欠かすことのできない栄養素です。ビタミンには23種類のものがあり、そのどれか一つでも欠けてしまうと健康障害が起きてしまいます。

肝機能障害になると、カラダの他の部分に不調が出ることがあります。肝機能が低下するとビタミンが不足してしまうからです(他にも様々な理由・メカニズムがありますが…)。

肝臓の数値が悪いと、ビタミン不足に陥りやすい。これはしっかり覚えておきましょう。

スポンサーリンク

肝臓とビタミンの関係

肝臓は、様々な役割をはたしています。そのうちの一つに、ビタミンを貯蔵する、という役割・機能があります。

肝機能が下がると、この貯蔵能力が失われて、恒常的にビタミン不足に陥りやすくなるのです。

肝臓が弱っているという人は、通常の人の3倍程度ビタミンを摂取しなければなりません。日常の食事の中から摂取していくのが好ましいのですが、どうしても食事のバランスを取ることができない方は、ビタミンサプリメントに頼るといいかもしれません。サプリメントはあくまで食事の補助に過ぎませんが、それを知った上で適切に活用していけば、良いパートナーとなってくれます。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿