ビタミンサプリメントは不要?!

ビタミン不足に陥りやすい肝機能障害患者

肝機能障害を持っている方や、肝臓が弱っている方などは、ビタミンの貯蔵機能が低下してしまいます。そのため、健康な人と比べて塚易くなったり、各種の健康不良症状があらわれたりしてしまいます。

肝機能障害を持っている人は、通常の人よりも頻繁にビタミンを摂取しなければならないということです。量を取るだけではなく、タイミングも大切になってきます。1日3食のうちで、効率的にビタミンをとっていく必要があるのです。

このようなことを聞くと、ビタミンサプリメントに頼らなければ、と思ってしまう方も多いかも知れません。確かに、ビタミンは23種類もありますし、日常の生活の中で欠かさずに摂取するのは一見難しそうにも思えます。しかし、実際にはそこまで大変なことでもありません。

スポンサーリンク

日々の食事からビタミンを補充するのが基本

ビタミンは野菜や海草、きのこや卵、乳製品などに豊富に含まれています。これらの食品をバランスよく摂取していくことで、サプリメントに頼らずとも栄養補充をしていくことができるのです。体に必要な栄養素は基本的に食事から摂取するようにしましょう。

ただ、肝機能障害が実際に起きている場合には、ビタミンの貯蔵機能自体が低下してしまっているので、どうしてもビタミン不足になってしまいがちです。そのような場合には、マルチビタミンサプリを有効活用していくようにしましょう。健康補助食品として活用する分には、サプリメントは良い味方となってくれるはずです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿