肝機能改善の為にアルコールを控えなければならない3つの理由

アルコールの分解は大変

飲酒すると、アルコールを分解するため肝臓がフルに稼働します。肝臓は非常にタフな臓器ではありますが、連続して働き続けると徐々に機能が低下していってしまいます。

肝臓にできるだけ負荷をかけないようにしていくことが、肝機能障害予防・対策の上では非常に大切なのです。

アルコールが直接の原因で、肝炎・脂肪肝になるのはレアケース。これは事実ですが、肝機能障害の間接的な原因となってしまう可能性は十分にあるということを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

アルコールでウィルスの害が強くなる

体内にアルコールが入ると、90%以上を肝臓が処理します。アルコールを分解する酵素によって、アセトアルデヒド・酢酸に分解され、さらに炭酸ガス・水になり体の外へ排出されていきます。

肝臓が弱っていくと、肝炎ウィルスが増殖して肝炎が悪化してしまうことがあります。肝臓が機能障害を起こして、抵抗力が弱まってしまうからです。

アルコールが原因で、慢性的な肝炎になってしまったり、肝硬変への発展が早まっていってしまったりすることがあるわけです。

脂肪肝になりやすくなる

肝臓がアルコールの分解に必死になっている状態が続くと、肝臓が担っている他の役割がおろそかになってしまうことがあります。脂肪の代謝や消費が弱まってしまう可能性があるわけです。

お酒を飲み過ぎると、脂肪が蓄積されやすくなり、脂肪肝になりやすくなってしまいます。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿