お酒を飲み過ぎないためのコツ

自分の限界を知り、ペースを守る

飲み過ぎてしまう人は、雰囲気にのまれやすい方、我を忘れてしまいやすい方が多いようです。人によって、アルコール分解能力は異なります。人に合わせて飲んでいると、どうしても自分の限界を突破してしまいやすくなります。それぞれ適した量・ペースがあるのだ、ということをしっかりと肝に銘じておくようにしましょう。

宴会などの場では、一切お酒を飲まないということができないこともあるでしょう。そのような場合には、アルコール度数の低いビールやチューハイなどを選んで、ゆっくり飲むようにするといいかも知れません。

スポンサーリンク

ウィスキーやブランデー・焼酎などは、度数が高いお酒ですが、お水・氷などを使って自分で濃さを調節することができるのでおススメです。お酒を飲んでいるように見せかけて、実はほとんど水のような濃さのものを飲む。これも上手な付き合いの方法だということができるでしょう。

肝臓が悪いということを一言添える

ドクターストップがかかっているとハッキリ言えば、周りも無理に薦めてきません。自分の健康状態などを他人に伝えるのに抵抗がある方もいるようですが、自己防衛手段の一つだと割り切るのもいいでしょう。

どうしても飲まない・飲めないという部分を強調するのではなく、本当は飲みたい・付き合いたい、という部分をアピールしていけば、そこまで嫌味な感じにもならずに済むはずです。

普段は禁酒しているけど、この日のためにちょっとだけ解禁している。そのように添えるだけで印象は良くなるはずです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿