脂肪肝なら有酸素運動が効果的!

運動はこんなに素晴らしい

運動は体に良いと言われますが…具体的に何が良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

運動の一般的な効果として、以下のようなものが挙げられます。
1.肥満解消(脂肪燃焼)
2.血行を促進・心肺機能の向上
3.血管の老化を食い止める
4.筋力を増強
5.自律神経の働きを整える
6.脳の働きが良くなる
健康でハツラツとした生活を送るためには、運動が欠かせません。

スポンサーリンク

脂肪肝に有酸素運動が良い理由

有酸素運動は、ウォーキングやサイクリングなど、酸素を使いながら体を動かしていくものです。中性脂肪を燃焼させる効果があるので、脂肪肝には有酸素運動が良いと言われています。

注意しなければならない点が一つ。有酸素運動は、一定時間運動を続けなければ十分な効果が上がりません。20分間は内臓脂肪ではなく、血液中に含まれている脂肪をエネルギーとして利用するからです。ですから、肥満解消目的でウォーキングなどをする際には、最低でも20分、できれば30~60分程度は行うようにしましょう。

ちなみに、短距離走や筋力トレーニングなどは、酸素を使わない状況ですので無酸素運動と言われています。筋力増強効果は高いのですが、脂肪燃焼効果はそこまで高くありません。疲れの原因物質「乳酸」を増やして、肝臓に無駄な負担をかけてしまうだけ。ですから、肝機能が低下している方は、筋トレはほどほどにしておく必要があると言うことです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿