運動時の注意点

運動には危険も…

「運動は健康に良い」これは事実ですが、適切に正しい方法で行っていかないと故障を起こしてしまうこともあります。あまりにハードに運動してしまうと、かえって肝臓に負荷をかけてしまう事態にもなりかねません。

運動して不健康になった、というのでは本末転倒。正しく取り組んでいくことが大切です。

以下では、運動をする際に気をつけておきたいことをいくつか紹介します。

スポンサーリンク

・ストレッチを運動前後に行う
運動をはじめる前には必ず「準備体操」を行いましょう。運動後には、「整理運動」を行うようにします。

準備体操をすることで筋肉をほぐし、故障を予防することができます。血行が促進されますから、運動効果を高めることもできます。整理運動には、筋肉痛防止効果があります。疲れを次の日に残したくない場合には、整理運動も忘れずに。

・体調を万全に整えておく
体調不良や寝不足の状態で無理に運動してしまうと、症状を悪化させてしまうこともあります。

脂肪肝の方などは、動脈硬化を起こしている場合も多いようです。そのような方が無理をして運動すると、最悪、心筋梗塞などになってしまいかねません。無理はしすぎないのが基本です。

・メディカルチェックは欠かさずに
運動不足の人が、いきなり運動を始めると、様々なトラブルが起きてしまいかねません。病院に行って、メディカルチェックを受けるようにしましょう。医師からどれくらいの運動強度でどれくらいの時間動いていいのか、指導を仰ぐようにしましょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿