糖尿病患者の大半は、本人の生活に問題あり

糖尿病にも複数の種類がある

糖尿病も1つではなく、いくつかのパターンがありますので覚えておきましょう。第一に挙げられるのが「1型糖尿病」と呼ばれるもので、こちらはインスリンの分泌自体に問題がある方を指します。血糖値を下げるのに必要なインスリンが分泌されないため、血中にどんどんブドウ糖が溜まりこむ体質になってしまっているのです。

次に「2型糖尿病」と呼ばれるものがあり、こちらは1型とは違ってインスリンそのものは分泌されています。なんらかの原因によって、インスリンが機能しなくなっているため、やはり血糖値が下がらなくなっています。

スポンサーリンク

特に2型については、やはり本人の生活習慣によって引き起こされていることがほとんどです。糖尿病が生活習慣病と呼ばれているのは、このような理由によることを覚えておきましょう。

ただし、全ての糖尿病が本人の生活習慣によるものではないのも事実です。妊娠が原因となる「妊娠糖尿病」がその1つですね。他にも、内臓の病気、遺伝などによって間接的に引き起こされる「続発性糖尿病」と呼ばれるものがあります。

 

一般に言われる糖尿病とは、2型糖尿病を指し示す

さて、糖尿病について4種類を紹介させていただきましたが、日本人の糖尿病患者の多くは「2型糖尿病」となります。なんと糖尿病患者の95%は2型となっているため、インスリンの機能に原因があるとわかります。

肥満体型の方や、普段の生活で運動をあまりしない人というのは、2型糖尿病になる可能性が高くなります。現状、まだ糖尿病と言い切れない状態だったとしても、生活習慣や体質に問題があると予備群として診断を受ける可能性もあります。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿