糖尿病は重くなると取り返しがつかなくなる

最悪の場合は視力を失ったり、手足の切断まであり得る

糖尿病による影響というのは、なにか1つに留まるものではありません。様々な悪影響が連鎖して、合併症になるという特徴があります。酷くなってしまうと目が見えなくなってしまったり、手足の麻痺が酷くなって切断が必要になることもあります。また、脳や心臓にまで病状が進行してしまうと、人命そのものに関わる問題となってしまいます。

糖尿病の進行の仕方によって、合併症の種類を3つに分類することができますので、理解するようにしましょう。

 
スポンサーリンク

糖尿病神経障害

血糖値の高い状態が続くと、神経がどんどん蝕まれていき、末梢神経まで進行していきます。糖尿病患者として認定されるレベルになってから、概ね3年ほどで「糖尿病神経障害」となる可能性が出てきます。

報告される症状で多くの割合を占めているのが、足のしびれや、皮膚の触覚が弱くなるというものです。酷い場合になると、手足を大怪我しているにも関わらず全く気づかず、そのまま放置して手遅れになってしまう事例があります。

切断にまで至ることもあるため、それだけ糖尿病が引き起こす神経障害は恐ろしいということです。他にも、排泄時にも問題が起きたり、発汗が上手く機能しなくなる等の異常も多く見られます。

糖尿病網膜症

眼球にも細かい血管が覆っていますので、糖尿病による影響が出やすい部位となっています。血管にキズがついて、そこから出血が起こってしまい、視力にも悪影響を与えてしまうのです。出血の度合いが酷くなると、視力を完全に失ってしまう可能性もあるので、決して油断できない症状と言えます。この「糖尿病網膜症」は日本人に多い症状で、年間で3000人前後の方が視力を失っているという統計があります。

 

糖尿病腎症

腎臓が機能しなくなると、血液の不純物を取り除く働きが止まってしまいます。この腎臓についても、他の内臓と同様に細かい血管が巡っていますので、高血糖の悪影響を受ける可能性があります。血管にキズがついて、腎臓の機能が停止(腎不全)となってしまい、体内に老廃物が溜まり続けるのです。こうした状況で引き起こされる病状として、尿毒症なども含まれますので、こちらも生命を奪う可能性があるので注意しましょう。

腎不全となった方は、自力で体内の老廃物を排出することができないので、人工透析のような処置が必要になります。このような状態になる方は、毎年万単位で増加していますので、決して他人事だと考えないようにしてください。

今回紹介したもの以外にも、動脈硬化や糖尿病昏睡のように、命に直接結びついてしまう合併症は数多くあることを覚えておいてください。

糖尿病という単一の病気ではなく、あらゆる病気に苦しむことになるので、糖尿病を決して甘く見ないようにしましょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿