糖尿病を早期発見するための検査について

定期的な検診を重ねて、糖尿病ではないかチェックをしよう

血糖値について異常を知るきっかけとしては、多くの方が勤め先等で実施される健康診断になるでしょう。尿検査や血液検査から数値を調べられ、そこから血糖値の異常が発見されるわけですね。

一方で、「自分は血糖値が高いかも?」と感じて、自分から検査を受けて知るような人は少ないものです。基本的に自覚症状が無いまま進行するものですから、風邪を引いたときのように、自分で医師の意見を求めることは考えにくいのです。

現在の健康状態に関わらず、常に糖尿病のことを意識しながら、定期健診を受け続けるようにしてください。

尿検査で調べられる尿糖については、体内でブドウ糖が消化されていないことを示します。通常であればインスリンの働きで消えてくブドウ糖が、体内に溜まり続けたまま、最終的に尿に乗って体外へ排出されているわけです。このことから、尿糖の有無によって、血糖値が高いことも推察できるのです。

スポンサーリンク

ただ、誤解してはいけないのは、尿糖が検出されたからと言って糖尿病だと断言できるわけではないということです。その逆も然りで、尿糖が検出されないからと言って、安心できるというわけでもありません。尿検査だけでなく、きちんと糖尿病のための検査を受けるようにしてください。

 

 厳密な検査によって、完全な糖尿病なのかどうか判定される

やはり糖尿病であるか判断するには、尿糖よりも血糖値を検査することが確実でしょう。この血糖値にもいくつか種類があり、第一に見るべきなのは「空腹時血糖値」と呼ばれるものになります。

朝起きて最初の食事を摂る前に検査した数値のことで、一日の中で最も数値が低い状態のことです。具体的な数値を言えば、空腹時血糖値が126mg/dlを超えてくると、糖尿病として認められてしまいます。

ただ、この空腹時血糖値というのも万能というわけではなく、低いからと言って安心できるわけでもありません。より精度を高めるための検査として、「ブドウ糖負荷試験」と呼ばれるものがあります。

こちらはどういうものかと言うと、まず最初にブドウ糖を摂取することから始まります。そして、一定の時間を置いてから尿検査と血液検査を行い、どれだけ血糖値が減少しているかを見極めます。

もしも正常な状態であれば、30分ほどしたところで一度最高値に達して、そこからだんだんと減少していきます。概ね2時間ほどすると、ブドウ糖を摂取する前の数値にまで元通りになります。もしも、この検査で数値の変化に異常が見られた場合は、糖尿病であることを疑われることになります。

このときの検査の結果に応じて「糖尿病型」「正常型」「境界型」に分けられ、中でも糖尿病型と診断された方で高血糖である場合、残念ながら糖尿病と認めざるを得なくなります。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿