血糖値を上げる要因を理解しよう

便利な世の中にあぐらをかいてはいけない

生活の中で、血糖値を高める可能性のある要素は数多くあり、そういったものを避けていくことが求められます。まずは、どういうものが糖尿病の危険因子となり得るのかを理解していきましょう。

代表的なものだけを見てみても、今の世の中で生きていく以上、自然と「やってしまう」ことが多いものです。現代社会では、様々な面で利便性が向上したものの、健康的かどうかと言えば、そうではないものが増えています。糖尿病について密接な関係を持つ危険因子も含まれていますので、思い当たるものがあるならば、生活を見直していくようにしましょう。

さて、ではどういうものは糖尿病を引き起こす要因となるのか、列挙していくことにします。まず、食事を過剰摂取することによって起きる肥満です。飲酒や喫煙も同様に危険な行為となり得ますので、避けるに越したことはありません。普段から運動をしない生活を続けることも危険ですし、ストレスを溜め込んだり、睡眠時間がバラバラなのも問題です。

スポンサーリンク

いずれの要因にしても、現代に生きている以上は、完全に避けることは不可能に近いでしょう。他には妊娠のように生活習慣とは違ったものも要因になり得るので、糖尿病の患者数が多いことも納得できますね。

 

現代人ならば、危険要因と隣り合わせだと認識しよう

糖尿病の危険因子の1つに遺伝も含まれますが、これに該当する人だと、体質的に血糖値の上昇が発生しやすくなります。もしも親族や家族に糖尿病を発症した方がいれば、遺伝による影響を受けやすい可能性を考慮すべきでしょう。しかし、遺伝だからと言って、あきらめなければならないかと言えば、そういうわけではありません。

遺伝と言えども、あくまで糖尿病に「なりやすい」というだけで、必ず発症するわけではないですからね。普段の生活から意識的に気をつけていれば、糖尿病で悩むこともないでしょう。

遺伝よりも怖いのは肥満や運動不足で、こういった要因を抱えた方だと、糖尿病の発症率が何倍にも跳ね上がってしまいます。特に、飲酒をする習慣のある方は、通常よりも多くの食事をしてしまう傾向が強くなるので、より一層の注意が必要になります。飲酒というのは、それ自体が健康を害する可能性があるだけでなく、肥満を誘発するという意味で厄介な行為と言えます。

今回紹介した危険因子は、すべて現代人の生活から切り離しにくいものばかりで、どこから手をつけるべきか皆目検討がつかない人もいるかもしれません。まずは自分自身の生活を見直し、何が問題かを1つずつ検証していくと良いでしょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿