妊婦と糖尿病の関連性について

妊娠も糖尿病となることを覚えておこう

妊娠をした女性の中には、糖代謝異常を引き起こして、一時的に血糖値が高くなる人もいます。この状態が長引いて糖尿病になった場合は、妊娠糖尿病患者として分類されることになります。

妊婦の方は、様々な面で体の働きが大きく変化するものですが、特に顕著なのは女性ホルモンの働きが強くなる点です。このホルモンバランスの変化が、血糖を下げるインスリンの働きを阻害し、血糖値が高くなりやすい体にしてしまうのです。妊娠と糖尿病の関連性は非常に強く、1割弱の妊婦が妊娠糖尿病を発症するという統計があります。

ただ、ここまで説明させていただいた妊娠糖尿病というのは、妊娠を境にして血糖値に異常が起きた方を指すものです。既に糖尿病になっている方が、後から妊娠をした場合には、糖尿病合併妊娠という特別な呼び名があることを覚えておきましょう。同じ妊婦の糖尿病患者でも、根本的に違うものですので、誤解をしないようにしてください。

スポンサーリンク

 

血糖を気にしながら、出産までの期間を過ごそう

妊娠糖尿病は何も対処せずに過ごしていると、出産にトラブルを起こしたり、母体に悪影響を及ぼす可能性がある病気です。妊娠が進むにつれ、そのリスクは大きくなっていくものですから、きちんとチェックしておかねばなりません。妊娠糖尿病かどうか定期的に検査して、もしも血糖や尿糖の値が高くなっているならば、医師の指示に従うようにしてください。

前述したように妊婦の1割弱の方が、妊娠糖尿病を発症しているわけですので、適切な対応というものは既に確立されています。きちんと気をつけていれば、出産に際して問題になることはありませんから、過度に恐れ過ぎないようにしてください。

赤ちゃんの状態を気にするのと同じく、母体の血糖値に意識を向けてコントロールし続ければ、安全なものだと考えて結構です。このことが糖尿病合併妊娠についても、基本的には変わらないことですので、やはりきちんと診察してもらうのが一番ということです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿