生活習慣病は1つではなく、多数が絡み合うところに注意しましょう

メタボが怖い本当の理由

テレビのお笑い番組等で、太っている人に対して笑いながら「メタボ」と表現することがありますが、皆さんはこの言葉について理解していらっしゃいますか。

メタボリックシンドロームの略称なのは、おそらく多くの方が知っていることだと思いますが、日本語名称は「代謝異常症候群」となります。

ただ、これではまだ本質を掴むことができませんので、もう少し別の呼び方を紹介しましょう。それは「複合生活習慣病」という呼び方で、その名が示すように複数の生活習慣病が、同時に体を蝕んでいくのです。

スポンサーリンク

本当の意味でメタボに該当する人と言うのは、単に太っているのではなく、生活習慣病のマイナス因子を複合して抱えている方になります。血圧が高かったり、血糖値が高かったり、あるいは内臓に脂肪が詰まっている等、不健康な状態がいくつも重なっているのです。

それぞれの数値は緊急性を要することがないレベルであっても、いくつもマイナス要因が絡んでしまうと、生活習慣病の発症確率も格段に上がってしまいます。動脈硬化、心筋梗塞といった恐ろしい病気になりやすくなるということなので、実は「メタボ」という状態は笑い事ではないのです。

メタボリックシンドロームに該当する方は、時代が進むにつれ増加し続けていますので、政府も抑制に向けて特定健診を義務付けています。ウエストを基準にした腹部の脂肪量や、血液検査の数値を基にして判定されますので、メタボと診断されたら生活を改善するようにしなければなりません。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿