普段の食事を改善するのが、最も効果的なダイエットとなる

肥満の根本原因である食事に目を向けよう

肥満を予防したい、あるいは痩せたいと思ったとき、どういう方法を取るべきか多くの方が悩んでいます。健康関連のテレビ番組や雑誌の特集は、こうした視聴者の願望を刺激するように、多くのダイエット方法が紹介されていますよね。ただ、どのような方法にしても「簡単で、すぐに効果が出る!」というものはないと覚えておきましょう。ダイエットは時間がかかるものだと割り切り、継続していくことが求められるのだと理解しなければなりません。

では、理想的なダイエット方法がどのようなものか考えると、食事(エネルギー摂取)と運動(エネルギー消費)に関する生活習慣を改善していくのが一番でしょう。食事というのは、つい気を抜いて食べ過ぎてしまうこともありますが、余計に摂取したエネルギーを消費するのは意外と大変なものです。ポテトチップス1袋にしても、そこから得られるエネルギーを消費するには、2時間近い歩行運動が必要となりますからね。

スポンサーリンク

 

肥満予防のために食事に関して意識すべきこと

食事について何を意識すべきかと言えば、まずは何といっても「食べ過ぎない」ということですね。腹八分目という言葉もありますが、いつでも満腹になるまで食事をしてしまうのは危険な行為です。これに関連した注意事項としては、「早く食べない」という点も意識すべきで、時間をかけて食事をすることで満腹感も得られやすくなります。

時間が経つにつれて、脳が満腹状態を感じるようになりますので、自然と食べ過ぎることもなくなることでしょう。

次に、食事の回数について目を向けてみましょう。ダイエットのために食事回数を減らす人もいますが、実際は逆効果になることを覚えておいてください。食事の回数が減ると、体が自然とエネルギーを貯めようと働き始めるため、返って肥満になりやすくなってしまうのです。きちんと3度の食事を摂ることが、ダイエットの観点でも大切だと理解するようにしましょう。

他に気をつけるべき点としては、通常の食事以外に、お菓子やカップ麺などの間食をしないことも重要です。口寂しくなる時間があるのはわかりますが、そんな時は糖分の少ない飲み物を口に含んだりして、気を紛らせるようにしてください。

また、普段から薄味な食事をするように改善すると、ご飯に箸が進みづらくなり、エネルギー量を抑えることが見込めます。これも最初はつらく感じるかもしれませんが、段々と慣れていくものですので、継続するように努力してみてください。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿