短期間で無茶な減量をするのはデメリットだらけ

急いで痩せようとすると体に悪影響が多くあります

ダイエットをしたいと思っても、なかなか成果が見えないと不安になりますし、焦ってしまうのは仕方ないことでしょう。しかし、だからと言って短期間で結果を求め過ぎて、無茶な痩せ方をしようとするのは危険です。これは健康面で危険と言うこともありますが、ダイエットを成功させようとしたときに、逆効果となる恐れもあります。

一時的に体重が減ったとしても、それは幻のようなもので、すぐに反動が来てしまうものです。体重計に乗って、数値が下がったからといっても、それがダイエットの成功を意味するのではありません。食事制限による減量と言うのは、脂肪を減らすだけでなく、体を維持する筋肉などの組織も少なくしてしまうのです。

スポンサーリンク

こういった痩せ方というのは、基礎体力と呼ばれるものを減少させるため、体全体が上手く機能しなくなる可能性があります。他にも神経系に悪影響を与えたり、精神的に不安定になる等のデメリットもありますから、失うものも大きいというわけです。

 

痩せにくい状態に陥って、すぐに太ってしまう

基礎体力の減少と言うのは、エネルギーを必要としない体に作り変えられることを意味するため、痩せにくくなることを意味します。ダイエットが成功したと思い込み、食事量を戻した途端に太る方が多いのは、このことが起因しているのです。ダイエット前の体重に戻るだけでなく、それを超えて太ってしまう事例も少なくなく、さらに痩せづらい状態に陥ってしまうことでしょう。

ダイエット食品や、ダイエットテクニックなど、魅惑的なものに惑わされてはいけません。偏った食事をしてしまうと、それだけ基礎体力が低下しますので、必ずしっぺ返しがやって来ることでしょう。きちんとした食事は摂りつつ、日ごろの生活習慣を改善する等して痩せていくことが、時間はかかっても一番の方法だと覚えておきましょう。

 

少しずつ痩せていくことこそ理想のダイエット

理想的なダイエットの基準としては、概ね1ヶ月ごとに1キロのペースで痩せていくのが良いと言われています。これでは目標体重まで痩せるのに時間がかかりそうですが、長い目で見たときには、これくらいのペースが最適になります。誤った痩せ方をしてしまうと、ますます肥満を悪化させることもあるため、そうならないダイエットを続けていかなければなりません。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿