糖尿病予防における反面教師的な食事とは

肉類ばかり食べるのは危険な行為

糖尿病になりやすい食事を考えたとき、真っ先に思い浮かべられるのは脂質の高い料理になります。

以前の日本ならば、一部の人だけが危険な食事を摂っていましたが、現代においては多くの方がリスクの高い食事をしているものです。肉類を元々あまり食べる習慣の無かった日本人も、現代では当たり前のように食べますし、人によっては毎食のように摂ってしまうものです。

それに伴って摂取される脂肪分も多くなり、同時に糖尿病リスクも高まり続けています

肉類は皆さんがイメージするのと同じく、肥満に直結する動物性脂肪が多く含まれ、健康面であまり良い食材とは言いづらくなっています。また、コレステロールを増加させ、血管に悪影響を与えることもわかっています。糖尿病だけでなく、多くの病気を引き起こす可能性があるため、現在のところ健康と診断されている方も見直すようにしてください。

スポンサーリンク

 

食事全体のバランスを考え、野菜の量も増やしていく

朝食を抜く人の場合、昼と夜がエネルギー摂取のメインの時間帯となるでしょう。そこで外食の脂っこい食事を摂ってしまうと、一日に摂取する食事における脂質量が高くなってしまいます。そういう方は、朝食で野菜を増やして、昼夕食でもサラダを一緒に食べるような注意が求められます。

また、朝食こそきちんと摂るという方でも、それ以上に脂質の多い食事を食べていると、やはり糖尿病のリスクは高くなることでしょう。それぞれの食事で野菜を増やすのはもちろん、脂質の多いメニューを注文しない自制心も求められます。

食事のメニューを考えるときには、肉類等の動物性脂肪を摂り過ぎていないか自分で見直し、我慢することも必要です。日々の努力が求められることではありますが、ちょっとした我慢を続けていくことで、長い人生においては大きな成果を生むことでしょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿