高血圧の人は、50代の半数近く、60代では半数を超える

年齢とともに急増する高血圧症

高血圧症の患者は、年齢とともに増加するという傾向がみられます。歳をとれば、高血圧になるのは仕方がないといった考え方をする人も結構いらっしゃると思います。

では、実際に、高血圧の人は、どれぐらいいるのかというと、50歳代では、その40%以上、60歳代では、その50%以上、70歳代では、その60%以上(3人に1人)にもなるといいます。(厚生労働省の国民健康・栄養調査より)これは、生活習慣病のなかでは、圧倒的な患者数の多さを誇るものといえます。

こういった状況から、そもそも、高血圧が「痛み」を伴わない疾患であることも手伝って、その患者数の多さに、「みんな患っているのだから」と、変に安心してしまい、治療に対する意識が薄れてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、高血圧症は、放置するときわめて危険な状態に至る場合がある疾患なのです。

スポンサーリンク

 

互いを悪化させる高血圧と動脈硬化

高血圧症は、“動脈硬化”に至ります。これは、“血管の老化”ともいうべき症状で、「血管とともに、人は老いる」といわれています。

この点、動脈硬化は、血圧に大きく関連しており、これらは、相互に作用し合うことにより、互いを悪化させるという悪循環の関係にあります。

「高血圧と動脈硬化」は、「鶏と卵」のような関係にあり、どちらが先で、どちらが後かという判断は付けかねますが、老化が進展することにより、体内の重要な臓器に障害が及ぶことはいうまでもありません。すなわち、脳であれば脳卒中、心臓であれば心筋梗塞、腎臓であれば腎不全などに至ります。

 

「サイレントキラー」としての高血圧症

高血圧症は、本来的に、自覚症状がないのが特徴です。それゆえ、「サイレントキラー(沈黙の殺し屋)」などと呼ばれることもあります。

頭痛がするときや、気分がすぐれない、または、肩こりがひどいなどのときに、血圧を測ってみると、数値が高いということがよくあります。

しかし、これは、体調の悪さが、ストレス反応として現れることによって、血圧が高くなっているのであり、高血圧を原因とする症状だというわけではありません。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿