命に係わる合併症の原因ともなりうる高血圧

自覚症状のないまま引き起こす重大な合併症

今日では、高血圧によって、血液壁に圧がかかり、動脈硬化が引き起こされることがわかっています。にもかかわらず、高血圧には、自覚症状がほとんどないのです。じつに、これが、サイレントキラー(沈黙の殺し屋)であると呼ばれる所以です。

「殺し屋」という言葉が適当化は別としても、高血圧は現実に、脳、心臓、腎臓といった人体の中心的な臓器に、重大な合併症を引き起こします。高血圧による合併症にはさまざまなものがありますが、この3つの臓器に関係する症状は、もっとも深刻、かつ、注意を要するものであるといえます。

 

動脈硬化による脳神経、および、心筋の損傷

脳神経、心筋、いずれの合併症も、動脈硬化を直接的な原因として発症します。

スポンサーリンク

脳卒中は、脳にとって、最も大きなダメージを与える疾患といえますが、さらに、脳内出血、くも膜下出血、脳梗塞の3つに分類されます。これらは、いずれも、動脈硬化を主たる原因として発症します。

脳出血は、高血圧により、脳の動脈壁に強い圧がかかることで、脳動脈がついに耐えられなくなって破裂することによる脳内の出血で、脳溢血とも呼ばれます。くも膜下出血は、動脈硬化や先天性の脳動脈瘤の破裂によって起きます。

さらに、脳梗塞は、脳の動脈が詰まってしまうことによる疾患です。この原因となる動脈硬化にも、高血圧症が関係しています。

 

高血圧をはじめ、さまざまな要因が関与する心臓病

心臓病と高血圧の関連性は、一般によく知られています。心臓病には、喫煙習慣や脂肪異常症(高コレステロール血症;悪玉コレステロールが高いこと)、あるいは、糖尿病など、高血圧以外の要因も関係しています。そして、これらの要因が複数あることにより、心臓病の危険性も比例して高くなるのです。

それでは、心臓病の種類を、その代表的症例とともに、みていきましょう。

突発的に発症するものとしては、「急性冠症候群(不安狭心症、急性心筋梗塞)」があります。これは、動脈硬化部分に傷ができ、血の塊が冠動脈を閉塞するという症状です。これから、さらに、急性心不全に至る場合もあります。また、心筋が酸欠となることにより、不整脈が誘発され、突然死に至る場合もあります。

この症状が慢性的になった場合、「狭心症発作」といって、重いものを持ち上げたり、坂を上ったりすることで、心臓に負担がかかることにより、心筋が酸欠となることで引き起こされる症状や、「慢性心不全」といって、心筋梗塞の後、心ポンプ機能が障害を起こすことによって、息切れ、脱力感、足のむくみなどが表れる症状があります。慢性心不全の原因としては、心筋虚血に伴う僧帽弁逆流などもあります。

 

腎臓が収縮、硬化することで招致される腎不全

近ごろ、循環器の分野では、慢性腎疾患(chronic kidney disease; CKD)が話題です。検尿の結果、尿たんぱくが陽性であったり、血液検査の結果、クレアニチン値(腎機能の指標)が正常域を逸脱しているなどの場合、腎機能が低下しているのみと捉えることはできません。

このような現象が認められる場合、循環器系全体に悪影響が及び、血圧が上昇するなど、循環器系の病気が悪化しがちであることが明らかとなっています。

ここでも、高血圧症は、腎硬化症と密接な関わりがあります。腎臓内の細動脈は、動脈硬化の原因となるのみならず、腎臓のフィルター機能にも損傷を与えるといわれています。この腎臓のフィルターは、糸球体と呼ばれ、血液を濾過して、尿中に老廃物を排出する働きをします。この機能が低下すると、腎臓が収縮して硬くなるため、腎硬化症と呼ばれています。

慢性心不全とは、その末期の症状のことをいいます。この慢性心不全になると、透析装置といって、人工的な濾過装置を使った治療が必要となります。

 

高血圧と動脈硬化の悪循環の断裁

このような合併症は、命に係わるため、高血圧症は、早期に発見し、上手く制御していく必要があります。

血圧は年齢に比して高くなり、血管も年齢とともに老化していきます。新車も10年経過すれば、丁寧に使用していても、古くなってくるのと同じです。

生物は、エネルギーを代謝しているため、細胞や組織が酸化燃焼することは、不可避であり、どんなに健康であっても、20代ころから、少しずつ動脈硬化がみられるようになります。これゆえ、動脈硬化は、「炎症性疾患」と呼ばれることもあります。

ひとたび高血圧症になってしまうと、14ページに既述の如く、「高血圧と動脈硬化の悪循環」に陥ることとなり、動脈硬化は、急速に進行します。比較的若年層であっても、血流に障害が生じたり、血管が閉塞したり、場合に応じては、血管の破裂が起きることもあります。

こういった、深刻な結果を阻止するためにも、高血圧と動脈硬化の悪循環は、断つことが必要です。

上に、「日本人の病気別死因」を示したグラフがあります。2位の心疾患(心臓病)と3位の脳血管疾患(脳卒中)は、いずれも、動脈硬化や高血圧と密接に関係しており、命に係わる合併症の原因となる危険性があります。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿