常態的に変動する血圧の正しい測り方

体内を巡り、必要な部位に分配される5ℓの血液

血圧といえば、病院で測定してもらう類のものを想起されるかもしれませんが、実際には、こうした測定は、必ずしも、血圧の実態を正確に表すものではありません。

人体を巡る血液は、およそ5ℓにも上ります。この血液が、必要に応じて、体内の臓器や組織に分配されるのです。運動中であれば、脳や手足の筋肉に、食事中であれば、胃や腸に、また、就寝中であれば、腎臓や肝臓などに優先的に分配されることとなります。それにより、消化や活動、疲労回復などが促進されることとなるのです。また、時間帯や行動内容に応じて、血流の分布も異なるものとなり、血圧も変動します。

このような血圧が一日のうち、どのように変動するかは、人それぞれに固有のものです。

スポンサーリンク

 

精神状態などによって、目まぐるしく変動する血圧

精神状態は、仕事で失敗をしたり、人間関係にて、不快な思いをしたりすることで、変わります。そういったストレスに対応するかの如く、血流と血圧も変動します。

たとえば、年に1回、健康診断で血圧を測定したとしても、それが何時頃であったのか、どのような身体の状態にあったのかなどによって、結果が著しく異なる可能性があります。

よって、このような検査のみによって、血圧の実情を知ることは、適当であるとはいえません

 

家庭用の血圧計による、一日2~3回の測定

近頃では、性能の良い血圧計が多く出回っており、自分で簡単に血圧を測ることができるようになっています。その種類によって、二の腕で測るものや、手首で測るもの、指で測るものなど、さまざまです。体の太い部分で測った方が、正確な数値がでるといわれていますが、JIS規格に適っているものであれば、まず、問題ありません。

健康診断で、高めの血圧が認められた人は、是非、血圧計により、日常的に血圧測定する習慣をつけることをお勧めします。

血圧の状態を把握するには、起床後や就寝前など、一日に2~3回、時間を空けて測定し、それを週に2~3回、1~2か月の間続けることが望ましいといえます。そうすることで、血圧の変動のパターンを把握することもでき、日常生活での注意点などもわかってくるでしょう。

なお、血圧の測定は、15分ほど安静にした後に行うべきです。もちろん、随時、測定した結果としての数値にも、意味があります。その場合、それが、飲食後、入浴後、食事後、ストレスのあるときなど、どのような状態で測定されたものであるか、記しておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿