血圧を上昇させる危険因子の数々

一次性高血圧を招く危険因子のふたつ

病的に血圧を上げる要因は数多く、これが、モザイク説(さまざまな要因の複合)が提唱される所以でもあります。

血圧を上昇させる要因は、大きく二つに分けられ、遺伝的・体質的要素(30%)と、環境要因(70%)となっています。

個人差はあるものの、血圧は、30歳ごろまで、徐々に上昇し、40歳ごろには、初期の高血圧症、50歳ごろには、本格的な高血圧症に至る場合が多くみられます。

高血圧症の初期段階で、生活習慣などを改善する努力をすれば、正常血圧に戻ることができるケースもあります。しかし、高血圧症は、放置すると、合併症として悪性・進行性の経過を辿り、心臓、大血管、脳、腎臓などが支障をきたすことは、既述の通りです。

スポンサーリンク

遺伝・体質

親から子に受け継がれる特質で、両親がともに高血圧症であれば、子どもが高血圧症になる確率は約60%、片方の親が高血圧症であれば、約30%、両親ともに正常値であれば、約5%という統計があります。

環境要因

環境要因による血圧の上昇は、次のようなものです。

塩分(食塩)の過剰摂取

まず、塩分の摂りすぎが挙げられます。健康な人であれば、血液中の塩分濃度は、常に、一定範囲に保たれています。

塩分を摂りすぎた場合、ナトリウムが尿中に排泄されますが、これには、一定の時間が必要です。さしあたっては、血管内に水分を貯蔵することで、ナトリウム濃度が一定の水準に維持されます。水が貯蔵されることで、血管系という容器の水分量が増し、内圧が高まります。

日本の全国民が現在の食塩摂取量の11gから1g減らした場合、高血圧症の患者は1000万人減少するという試算もあります。

かつて、越後の上杉謙信は、塩が不足気味であった甲州の武田信玄に、塩を送ったといわれています。このことにも表れているように、「敵に塩を送る」ということは、塩を必要不可欠とする人間の美談として継承されています。電解物質である塩は、人体にとっては、欠かせないものですが、大量に摂取する必要もないという成分となっています。

類人猿は、我々人類に、遺伝子が極めて似通っていますが、我々のように、塩を大量に入手することは出来ません。一日当たりの食塩の摂取量は、ごく微量であるといえます。それでも、何ら支障なく、健康に生きているといえるでしょう。

人類が、存分に食塩を入手できるようになったのは、数千年前であるといわれています。このころから、食塩は、調味料としても用いられるようになりました。給料(Salary)の語源が塩(Salt)であることは、古代ローマの兵士の給料が塩で支払われたということに由来しているともいえます。

運動不足

運動をすると体の体温が上がります。これは、血管が開いて、血液の循環が良くなることからきています。また、発汗も活発になります。このとき、血管糸という容器の容積が増し、同じ血流量の場合、血圧が下がることとなります。

運動不足の人の場合、血管が収縮して、血管糸の容積が減少します。運動不足は、ストレスも溜めこむことになりますから、血圧は一層、上昇することとなるのです。

ストレス

精神的、あるいは、身体的に何らかの負荷がかかることは、ストレス反応につながります。適度であれば、ストレスは、良い緊張感を維持するのに役に立ちます。しかし、過重労働や突然の事故など、過剰な負荷は、著しいストレスとなり、心身の緊張を高める交感神経系が活性化されることによって、血圧や脈拍、体温などが上昇することとなります。

いつも忙しくオフィス業務などをしている人は、運動不足にストレスが加わり、血圧が上がります。

肥満・メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)

肥満による弊害は、内臓脂肪が蓄積することによる高血圧、高血糖であるといえます。これが長期に亘ると、動脈硬化が進展します。

同程度の代謝であれば、肥満者の方が、標準体重の人に比べ、エネルギー需要が大きいことになります。この需要を満たすべく、血流量が増加することとなります。血管径が同程度であれば、血流の抵抗は同じなので、血流の増加分、血圧が上がることとなります。

睡眠不足

血圧を上げる要素として、睡眠不足も挙げられます。睡眠不足は、交感神経の緊張を高めるのです。週100時間以上の過重労働によって、睡眠不足となっている人は、通常勤務の人に比べ、脳や心血管系が危機的なトラブルにおそわれる確率が倍以上になるといわれています。これも、血圧の上昇が関連しているのです。

性格と環境

人の性格は生来的な要素と環境による影響により、左右されるといわれています。仮に、キャラクターAを闘争的で几帳面、かつ、神経質な人、キャラクターBをのんびりしておおらかな人と設定します。この場合、当然ながら、キャラクターAの人の方が高血圧症になりやすいといわれています。すなわち、脳・心血管系の病気にかかりやすいということです。

気温

脳・神経管系の病気の発症率は、夏に対し、冬には、その1.5倍になるといわれています。

寒さにより、交感神経は刺激を受け、血管が収縮することにより血圧が上がります。高血圧の人の場合、冬には、夏に比べ、血圧が平均で5mmHg前後高くなるといわれています。

冬には、厚着ですら、心血管系の負荷になるといわれています。また、温かい部屋から、突然、寒い屋外に飛び出したりすると、血圧が急激に上昇し、ヒートショックという発作に至る場合もあるのです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿